トヨタ カリーナバンの一括見積相場はいくらか

トヨタ カリーナバントヨタのカリーナ31年間の流れの中で、カリーナバンとして登場し始めるのが1975年頃となります。

その後、4代目まで生産が続きましたが、後継車であるカリーナサーフにバトンタッチしています。

カリーナバンも車体が直線的で極めて角ばったボディーラインとなっていました。

当時はこのようなデザインが多かったのも事実です。

今から見るとかなりレトロな雰囲気となっています。

旧車ファンには懐かしいデザインです。

搭載されていたエンジンも、1400、1600cc直列4気筒OHCでした。

後期型のものは、1500ccガソリンと2000ccディーゼルとなります。

当時の排気量としてはミドルクラスでしょう。

バンタイプの車は重宝がられましたね。

使用目的がはっきりしていて荷物の積載室を広く確保したり、座席を操作して乗員を一時的に増やしたりしました。

やがてステーションワゴンやミニバンといった乗用と積載室を同時的に確保していく方向が出てきます。

カリーナバンもそうした草分け的な車の一つだったのではないでしょうか。

現在の買い取り価格は、数万円から高値でも10万円あたりとなっています。

何と言っても販売終了からかなりの年月が経過しています。

また、強烈な個性をもった車でもないため致し方ありませんね。

それでも価格がつくのは状態の良い車なのでしょう。

トヨタ カリーナバンの一括見積相場はいくらか調べる方法はこちらで分かります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ