トヨタ カリーナサーフの一括見積相場はいくらか

トヨタ カリーナサーフトヨタのカリーナサーフは、カリーナのステーションワゴン車として1982年市場に供給されました。

カリーナそのものは1970年に登場していますから、2001年の生産終了まで30年の歴史をもっています。

サーフの特徴は広い室内空間でしょう。

シートが分割されていて、必要に応じて倒すことも可能です。

この事により荷物の積載スペースがかなり確保出来ます。

オーナーの評価が集まる点の一つと言えるでしょう。

反面、室内の高級感や優雅さは損なわれる要因にもなっています。

搭載されているエンジンは、1500ccと1800cc直列4気筒があり、ディーゼルエンジンの2000ccもあります。

駆動方式はFFのみとなっています。

変速機は4速ATと5速MTを採用しています。

走行性や剛性についても納得できるという評価があり、支持されています。

しかし極端に車高が低く設定されていることや飾り気の無さから、「オヤジグルマ」という酷評も出ていました。

このことは買い取り価格や中古車販売市場の価格に影響をもたらす事になります。

現在の買い取り価格は、取引情報がないため価格がつきません。

中古車の販売市場においても情報がほとんどありません。

今後も市場には出て来ない車種かも知れません。

トヨタ カリーナサーフの一括見積相場はいくらか調べる方法はこちらで分かります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ