スズキ アルトワークスの一括見積相場はいくらか

スズキ アルトワークススズキのアルトワークスは、アルトシリーズの中の一つの車種で1987年に販売を開始しました。

搭載されたエンジンが660ccの排気量ながらも3気筒4バルブインタークーラーターボとなっていて当時大変な注目を浴びました。

ユーザーにとってエンジン出力は最大の関心事です。

大きければその分余裕の走りを体感できます。

またその余裕は安心の走りに通じますので出力が大きい方が良い事になります。

しかし、一方では出力が大きければ走行時速などにも影響が出ますので、メーカー自体が自主的に規制をかけることになります。

当時、軽自動車で64馬力の規制を決めた契機になったのが「ワークス」だと言われています。

駆動方式はFFと4WDで、変速機は2速ATもありましたが3速ATと4速および5速MTを採用しています。

また内装の派手さも話題になりましたが、こちらは好き嫌いがあり評価は二つに分かれました。

1989年にはワークスi.eを投入しました。

さらにi.eをターボ化し、その後ワークスRXやRシリーズを発売してきました。

このように独自の系譜を残してきたワークスです。

現在の買い取り価格は、走行距離や年式と車の状態によっても違いはありますが数万円から25万円あたりの価格帯となっています。

10数年前のものでも値をつける車がありますので根強い支持があるのでしょう。

スズキ アルトワークスの一括見積相場はいくらか調べる方法はこちらで分かります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ