スズキ アルトの一括見積相場はいくらか

スズキ アルトスズキのアルトは、スズキの手掛けてきた軽自動車の中で代表格となる車と言えるでしょう。

販売されたのが1979年ですから、いまから35年前の事になります。

スズキフロンテの商用車仕様として市場に投入されました。

軽自動車でありながらボンネット式のバンが当時注目を浴びました。

搭載されていたエンジンは、550ccの2ストロークでした。

エンジン音が独特の2サイクル音ですぐに聞き分けられました。

アルトは、2人乗り仕様の商用車として運転席と助手席の空間を確保していましたが、4人乗りとなれば多少窮屈感がありました。

その後、1984年には全車を4ストロークエンジンに変えました。

また、1988年からは排気量も660ccとなり、一部にはターボ車を導入して進化を遂げてきます。

またボンネットバンのタイプから変わり、5ナンバー車を導入することになります。

2004年以降には3ドアー、2シーターを設定しなくなります。

2009年以降では停車前アイドリングストップ機能やLEDの採用や車体の軽量化などで低燃費志向と省電力機能を充実させてきています。

こうした進化も背景となり、スズキのアルトは今なお市場から高い評価を得ています。

現在の買い取り価格は、年式や走行距離および車の状態にもよりますが数万円から50万円超という価格帯を維持しています。

あらゆる層から支持を得ていますので今後もしばらくは健闘車の位置を確保するのではないでしょうか。

スズキ アルトの一括見積相場はいくらか調べる方法はこちらで分かります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ