スバル サンバーの一括見積相場はいくらか

スバル サンバースバルのサンバーと言えば同社の代表的な車名で、車好きの人なら誰もが知っているでしょう。

各社とも代表的な長寿車をもっていますが、サンバーはスバルの車の中では最長寿の車となっています。

1961年から市場に供給され、2012年以降はダイハツとのOEM車となり現在も続いています。

実に53年間の実績があることになります。

サンバーは商用の軽自動車ですが、トラック・ワンボックスを中心にしたボディータイプを展開してきました。

商用車ですから荷物の積載能力(スペースと走行性)が問われます。

エンジンは荷台床下に置かれています。

そのことで重心が下になり安定したバランスが保たれ、また車の操作空間と積載スペースが確保されました。

当初から四輪独立懸架を採用してきました。

これもサンバーの大きな特徴の一つです。

その他にも軽トラックでは初となる4WDを1980年から採用しています。

雪道走行でも安定した走りを提供した事により、軽貨物車として人気を得てきたのです。

そのようなサンバーの現在の買い取り価格は、年式や走行距離によっては価格のつかないものもありますが、例えば2011年式のサンバーTCで56
万円という値をつけている車もあります。

新車価格が93万円ですからかなりの高値相場と言えます。

市場からの絶対的な支持を今も得ている証しと言えます。

スバル サンバーの一括見積相場はいくらか調べる方法はこちらで分かります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ