マツダ カペラカーゴバンの一括見積相場はいくらか

マツダ カペラカーゴバンマツダのカペラカーゴバンは、1988年にルーチェバンの後継車両の商用車として登場しました。

商用車としての特徴はコストの軽減が出来る事、荷物などの積載量と積み下ろしの作業が効率的であることなどが挙げられます。

また小回りの効く車で走行性の高さも求められます。

謂わば仕事用の車ですから、内装の高級感より実質的な車が求められるようです。

搭載されていたエンジンは、1600cc直列4気筒SOHCです。

後に2000ccも加わります。

駆動方式はFFで、変速機は5速MTを採用しています。

このクラスの積載量として500kg、積み下ろし作業も楽であるというユーザーの評価もあります。

最少回転半径も5.1mで小回りの効く部類に入ります。

商用車の仕様ですから、後部座席は極めて劣悪であるという評価もありますが、車の維持費は低く抑えることも出来るという本来の評価はされています。

業者によってもちがいますが、商用車はほとんど場合使い切るという方針をもっていると思います。

次から次へと新車を導入する会社はあまり見かけません。

したがってカペラカーゴバンの買い取り価格は、取引状況がほとんど無く査定資料がありません。

販売に出されている中古車の情報も今のところありません。

おそらく今後も出てくる車種とは言えないようです。

マツダ カペラカーゴバンの一括見積相場はいくらかはこちらで分かります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ