マツダ アンフィニMS-6の一括見積相場はいくらか

>マツダ アンフィニMS-6生産と販売期間が短い車は、市場の評価が低いか販売戦略が届かない証しでしょう。

勿論、個々人のユーザーの評価は高くても、市場の反応が鈍いとメーカーは生産と販売調整せざるを得なくなります。

マツダ アンフィニMS-6は購入したユーザーの評価は高くても、市場全体では振るわなかった車の一つのようです。

販売を始めたのが1991年。

3年後の1994年には終了しています。

5ドアーハッチバックで、搭載されていたエンジンは1800ccと2000ccのV6と直4となります。

駆動方式はFFと4WD、変速機は4速ATと5速MTがあります。

ボディーは優しい感じのラインで、落ち着いた表情をしています。

ただ、リアウイングスポイラーが車体の一部として設計されていますから、街中を走っているとすぐに分かります。

現在の買い取り価格は、値がつかない状態です。

中古車販売市場でもほとんど出回らない車となっています。

やはり短命であった事が買い取り価格や販売市場においても影響しているようです。

自分の愛車として乗って来たユーザーには、走りや居住性が満足いくものであっても、他者から見ると評価は違ってくるのでしょう。

市場の反応は的確で厳しいものがありますね。

乗り切るタイプの車だったかも知れません・

マツダ アンフィニMS-6の一括見積相場はいくらか調べる方法はこちらで分かります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ