いすゞ ジェミネットIIの一括見積相場はいくらか

いすゞ ジェミネットIIいすゞのジェミネットIIは、同社が販売してきたジェミネットの後継車両として1988年から販売を開始しました。

後継車両と言う位置づけにはなっていますが、ジェミネットがスズキのカルタスバンのOEM車であったのに対して、ジェミネットIIは実はスバルのレオーネバンのOEM車ということになります。

名前や位置づけはジェミネットを引き継いでいるように思えますが全く違います。

搭載されていたエンジンは1600ccで、ジェミネット(1000cc)とは拡大されています。

様式もスバルの特徴である水平対向直列4気筒となっています。

駆動方式はFFとパートタイム4WDの2タイプがあります。

トランスミッションは5速MTが主流ですが、FF駆動の車種に3速ATも採用されていました。

ボディもジェミネットより一回り大きくなっています。

タイプはジェミネットと同様のボンネットバンとなっていました。

価格を低く抑えて設定されていたようで道路パトロールなどに使われる公用車などに使われていました。

ボディが一回り大きくなったことで乗車スペースと荷物の積載スペースの広くなったので重宝されていたようです。

しかし、ジェミネットIIも短命で1993年には販売を終了しています。

買い取り価格は市場にはほとんど出ていない状態ですから相場情報がありません。

しかし、旧車ファンの市場には情報のないまま取引されているかも知れません。

いすゞ ジェミネットIIの一括見積相場はいくらか調べる方法はこちらで分かります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ